遺品整理

これらを整理するには法的な申込み手順が必要となりますので、見つけ次第段ボールに入れて保管し、他の物の片付けが終わり次第親族間で話し合って整理するようにしましょう。

故人のものをどんどん捨てていくのは度胸のいる事かもしれませんが、あれもこれもと取っておくと遺品整頓になりません。

貴重品には以下のようなものが該当します 通帳・クレジットカード・土地の権利書など不動産係りの書類・パスポート・年金手帳・健康保険証・有価証券・貴金属(宝石や骨とう品、美術品)など価値の高いもの。

それは「迷ったら処分する」ということです。

次にメモリーの品の仕分けですが、整理する際にもっとも念頭に置いてほしいことがあります。

思い出の品は、特に故人が愛用していたものや故人を思い出せる写真など、必要な親族に分配できる分だけ残せば十分です。


大阪 ゴミ屋敷 淀川区