工具

世の中初のランダムアクションサンダは、1988年にボッシュ社が開発した。

ベルトサンダは、1926年にポーターケーブル社(PORTER-CABLE)のEmmonsによって開発された。

サンディングディスクを小刻みな振動または回転させることにより、研磨をおこなう。

フェスツール社は、1965年にはすべてのサンダを人体に害悪な粉塵から護るため、強制吸塵する集塵式にしている。

JIS規格における用語としては「サンダ」。

主なタイプは、「オービタルサンダ」「ランダムサンダ」「デルタサンダ」などがある。

携帯式オービタルサンダをはじめに製作したのは、1951年にドイツのFesto(現在のフェスツールFestool)社で、今現在サンディング作業現場で俗に使われているダブルアクションサンダの原点である。

電動サンダー(でん如何にサンダー、英:ElectricSander)は、木材・金属の研磨・カラーリングはがし・錆び落としなどに使用される携帯式電動工具である。

レンタル工具 格安