音楽

ピアノなどは大人も娘も同じ楽器を使って勉強しますが、ヴァイオリンは身体の大きさに組み合わせて楽器も変化するという特長があります。

クラシック音楽にはかかせない主要な楽器で、オーケストラのような大人数が共に演奏している印象があるかもしれません。

ヴァイオリンと聞くと如何なる事が考え浮かびますか。

そのため学ぶときにはヴァイオリン教室で教えてもらうのが一番だと考える人は多いです。

しかし学ぶとなると一人では難しい楽器、マスターに時間が必要になる楽器という心象を持っている方は多いでしょう。

音楽高校や音楽大学を受験するために短期間通う人もいれば、生涯楽しむために学ぶ人もいます。

教室は年齢別に分かれて開講されていたり、レッスンの度合いによって初級、中級、上級という分け方をしていたりするところもあります。

フルサイズのヴァイオリンの他に4分の3や2分の1という大きさのもの、一層小さなヴァイオリンもあります。

ヴァイオリン教室はたくさんなところにありますが、結局東京など都会に集中する性質があります。

ヴァイオリンは左の肩で楽器を充分に支えること、左手で弦を充分にと押さえることが大切なので、指が小さい間は楽器も小さいほうが扱いやすく正しい音がでる、というわけです。

最初は小さなヴァイオリンから慣れていき、進化に組み合わせてヴァイオリンを変更していく事ができます。


ピアノ教室 池袋